変わることのない世界で

小さな物語の断片
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
警視庁情報官 ハニートラップ
 今回読んだ本;警視庁情報官ハニートラップ 濱 嘉之


色仕掛けによる謀報活動―「ハニートラップ」に溺れた日本の要人は数知れず。
国防を揺るがす国家機密の流出疑惑を追う警視庁情報室トップの黒田は、漏洩 ルートを探るうちに、この「罠」の存在に気が付いたが…。
「情報は命」そう訴える公安出身の著者が放つ、日本の危機管理の甘さを衝いた警察小説の最前線。
テンポは良く、スムーズに読み進められた。
半面、序盤は場面変化が多かった為、混乱しかけたりも。
役職や繋がり、最後の展開などよかったが、タイトルになっているハニートラップの描写がやや粗く感じられた。概要は分かるし、流れも分かるが中国が仕掛けてくるトラップの仕込みが甘く感じられる部分があり、惜しい気がした。


 
感想 comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
comment









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
COMMENT
ARCHIVE
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINK