変わることのない世界で

小さな物語の断片
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
奪還
 今回読んだ本;奪還 麻生 幾

存在そのものが極秘の海上自衛隊特別警備隊。
彼らはアメリカ海軍シールズをも凌駕する超人的格闘・諜報術を体得し、海からの敵の侵入に備え、どこへでも上陸・強襲する。
人はどこまで「兵器」になれるのか。
 軍隊ものですが、思ったより薄かったなあと言うのが印象。
大どんでん返しが、そこまで大どんでん返しでもなく。男気がいまいち。ストーリー自体に勢いはあったので読み進めやすかったが、表現をわざとえぐくしていそうな感じがして。救いとかオチが良く分からなかった。
感想 comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
comment









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
COMMENT
ARCHIVE
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINK