変わることのない世界で

小さな物語の断片
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
塩の街
評価:
有川 浩
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 700
(2010-01-23)

 今回読んだ本;塩の街 有川 浩

塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。塩は着々と街を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた。
その崩壊寸前の東京で暮らす男と少女、秋庭と真奈。世界の片隅 で生きる2人の前には、様々な人が現れ、消えていく。だが――
「世界とか、救ってみたくない?」。ある日、そそのかすように囁く者が運命を連れてやってく る。
有川浩のデビュー作!番外編も完全収録。

簡潔に言うと、秋庭が物凄い好みでした。
不器用なツンデレ。ってピンポイント

この人の作品は初めて読んだのですが、思い切りラノベ風ですね。ただ、ラノベほど軽くはない。けど、作風はラノベ。嫌いじゃないですけど、思っていたのとはまた違いました。
序盤以外は全部勢いな作品です。
でも、嫌いじゃないです。

ストーリーも悪いわけじゃないですけど、キャラクター小説のほうが近い感じは受けました。
現実味がないストーリー、ってのは中途半端に現実味を持たせようとする作品よりはだいぶ交換が持てます。

土壇場や、非日常では女性のほうが強いってのがありありと出ていましたね。
さらりと読めます。一気にぐわっと読みたい人向けかもですね。
感想 comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
comment









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
COMMENT
ARCHIVE
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINK