変わることのない世界で

小さな物語の断片
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
イン・ザ・プール
評価:
奥田 英朗
文藝春秋
¥ 500
(2006-03-10)
今回読んだ本;イン・ザ・プール 奥田 英朗


「いらっしゃーい」
伊良部総合病院地下にある神経科を訪ねた間者たちは甲高い声に迎えられる。
色白で太った精神科医とミニスカに大きくえぐられた胸元のお色気ナース。
そこで待ち受ける前代未聞の体験。
体調不良からプール依存症、陰茎強直症、妄想癖、携帯依存症、強迫神経症。
訪れる人々も一風変わってるが、治療する医者はもっと変。
こいつは利口か、馬鹿か?
名医か、ヤブ医者か?
くだらなくて面白い、とんでも精神科医・伊良部一郎第一弾!


お世辞にも上品とは言えない作品ではあるが、内容はくだらなく、そのくだらなさが面白い。
おいおい、いいのかよ。思わず内心でつっこんでしまったり
言ってしまえば気楽に読めます。続きを読みたくなるかどうかは、その人の感覚によるかな、と想う作品です
感想 comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
comment









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
COMMENT
ARCHIVE
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINK