変わることのない世界で

小さな物語の断片
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
思いわずらうことなく愉しく生きよ
今回読んだ本;思いわずらうことなく愉しく生きよ 絵國 香織

犬山家の三姉妹は家訓に倣って生きていた。
長女の麻子は結婚七年目。DVをめぐり複雑な夫婦関係にある。
次女の治子は意思を貫くキャリアウーマン。恋愛おいても真っ直ぐ。
三女の育子は余計な幻想を抱かない。友情と肉体が他者との接点だ。
三人三様の問題を抱えながらものびやかに生きている。
三人が交じり始め、三人の人生が大きく動き始め……不穏な現実の底に湧き出るすこやかさの泉!長編小説。

よく言えばのびのびと誰にも流されない、悪く言えば自分勝手に生きてる三人姉妹。結構ドロドロしつつも最終的には落ち着くべきところに落ち着いたと言う感じだ。昼ドラよりも温いドロドロが嫌いじゃない人にはいいかもしれない。
全員が幸せになれたわけではないが、それでも平穏にはなったのだろう。
こういったドロドロがあまり好きではない私的には★二つ
感想 comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
comment









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
COMMENT
ARCHIVE
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINK