変わることのない世界で

小さな物語の断片
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
Forgotten a memorial day
※stigma:



その日に特別な思いなどなかった。ただここに存在し始めた日と言うだけで、ただ生まれたってだけじゃねぇか、そう思ってた。物心がつく頃は純粋に嬉しかったのかもしれないが、あの日以来、生まれたことを喜べなくなっていた。生まれたことを後悔してるわけじゃなったが、早い段階から仕方ないと諦めていた節があったのも事実だ。子どもの頃だってそう執着していず、忘れずにいたのは毎回頼んでもいないのにアイツが祝ってくれた――あれが素直に喜べる祝い方だったかどうかは別としても覚えていてくれた――からで、政府に入ってからはそれどころじゃなく、特にここ数年はそんな日があることすら忘れた。
それでも、そう呼べる日があるだけでも恵まれていたのだけど、あの中では。

「よく覚えてたな」
「別に覚えてたわけじゃねぇよ。アイツがわざわざ呼び出したりしなけりゃ俺だって忘れてたさ」
「覚えて貰えてるだけいいだろ」
「ま、そうだろうな。……“等星”あたり覚えてそうだけどな」

等星なら、あの無駄に良い記憶力なら間違いなく覚えてそうだ、と思い抜け出た配意がデータは全てあの頭の中に入ってるのかと思うと何だか複雑な気分になる。
リロイは自分の誕生日を覚えてないって言うし。

「ノアもいるんだろ?」
「いるから来たんじゃねぇのかよ。あの二人が何してるのか考えたくねぇけどな」

例の如く、素直には喜べないのだろうけれど悪い気はしない。無邪気に喜べるような年でもないけれど。

「スティー、油断はするなよ」
「分かってる。そこまで浮かれねーよ。それに、お前を巻き込むようなヘマを俺がするとでも?」

何年お前のパートナー務めてると思ってんだ、と言いたい。俺がそんな馬鹿をするとでも思ってるのだろうか――思ってないだろう、念を押してるだけだ。
でも、今日ばかりは。

「外の敵より、内の敵だな」
「――は?」
「来れば分かる」

パーティー、と言うよりゲームみたいなもんだ。ソレも多分、今回は命がけの。
政府にいたんだから、と恐らく手加減なしだろう。してほしくはあるが無理な相談だ、アイツ相手に。
数年分のつけが一気に回ってくると考えていいはずだ。……考えただけでぞっとする。

「政府に入ったことがばれた年――八年前は下剤入りのクッキーと普通の青汁。まあ、それでも護身用の魔石を同封してたあたりレナらしいけど」
「レナが九歳の時か。カジャの血筋、だろうな」
「ああ、そう、だな……」

血は争えない。数年間騙してた分、少しぐらいの嫌がらせは甘受しようと思ってる。
少しぐらい、は。

「待たせるとグレードアップしそうだから急ぐか」
「勝手にしろ」



その数時間後、俺が本当に血を見る羽目になったのは想像に難くないだろう。



*********************************************
スクロイドの誕生日
レナとスクロイドは喧嘩するほど仲良し
ちなみに今年は会場までの道程に数多くのトラップ
リロイはスクロイドを盾にして避けた、と言うオチつき
番外・ネタバレ・補足 comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
comment









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
COMMENT
ARCHIVE
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINK